メラニンの生成をコントロールして抑制することが大切

メラニンの生成をコントロールすることは大切です。
特に女性にとって悩みの種となる、シミやソバカスの生成にメラニンは密接に関係しているからです。

このメラニンが引き起こすシミ・ソバカスの原因についてしっかりと理解していないと、将来大変なことになってしまうので、しっかりと知っておく必要があります。

知っておきたい、シミができるまでのプロセス

「メラニン」は、皮膚の表皮の一番深いところ、基底層にある「メラノサイト」で生成されます。
紫外線を受けたり、ホルモンバランスがバラバラになったり……など、色んな原因によってメラノサイトが刺激されるとメラニンが生成されます。 生成されたメラニンは、肌を紫外線から防御しながら、肌の「ターンオーバー(皮膚の代謝サイクル)」で表皮の一番表面の部分へと移ります。

表面へ移動したメラニンは、通常は肌のターンオーバーによってそのまま外に排出されるものですが、メラニンが度を越えて作られたり、ターンオーバーが動かなくなって正常に排出されない部分があると、肌の中に貯まってシミが生じてしまいます。

「シミの元はメラニン」と聞くとメラニンは悪者のように思われがちですが、通常は紫外線を吸収して、紫外線から肌を防御する働きをしています。

ですから、シミを予防するには「メラニンの過剰な生成を抑える対策」、「ターンオーバーを正しく保つ対策」を欠かせません。そして、紫外線はメラノサイトを刺激してメラニンを過剰に生成させたり、肌荒れの原因になって正常なターンオーバーに負担をかけるので、美白ケアには「紫外線対策」が欠かせないのです。

メラニン生成を抑える対策

日々使用するスキンケア製品には、以下の働きのある成分が含まれたものをセレクトして下さい。メラニンを生成する際に働く、VCエチルという酵素の働きを抑制する成分が含有されたものを使用した方がいいでしょう。

メラニンの生成を抑えてシミ・ソバカスの対策を行いたい方は、下記製品を使ってみるのもよいでしょう。
↓↓↓↓

https://audioforce.net/